Rakuten WiFi Pocketを1か月使ってみてのメリット・デメリット

IT技術

Rakuten WiFi Pocket は、楽天モバイル(スポンサーリンク) が提供するモバイルルーターです。このルーターを2月に申込み、1か月使用してみました。そのレポートになります。

対象読者
  • 楽天モバイルを検討中
  • インターネット回線でPocket WiFiを利用している
  • モバイルルーターの容量制限に不満をもっている
スポンサーリンク

回線の接続断について

当初、回線はあまり調子よくないことがありました。
5本立っていたアンテナが、突如1本になったりすることもあったからです。

その時は、公式アプリから、電波報告を行うと2時間くらいで解消してました。
ここ最近2週間ぐらいは、そのような事象はなくなりました。

WiFi Pocket端末の充電不具合について

またWifi Pocketが充電中にもかかわらず、突如電源OFFになることがありました。

原因は、充電の不具合でバッテ−リ残量が0になり、電源が停止状態になっていたからです。

3/23のファームウェアアップデートで充電されない不具合は解消されました。

Rakuten Linkは利用不可である

無料通話アプリである、RakutenLinkは使用できません。

端末に導入されたSIMの電話番号で判断され、利用にSMS認証を使う仕組みだからです。

eSIMをつかったデュアルSIMは、RakutenLink利用可能です。

eSIMを試す

1日10GByte制限

これは楽天モバイルの仕様になるのですが、1日10GByteを利用すると0時まで3Mbpsの上限制約されます。

0時をすぎれば、すぐにもとに戻ることも確認できました。

WiFi Pocketのメリット・デメリット

次に、Rakuten WiFi Pocketのメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  1. 端末価格が0円。
    Wifiルーターの価格はキャンペーン中で0円です。キャンペーンの終了予定はないようです。
  2. 通信速度がよく出る。
    移動しなければ40Mbps程度の速度が安定してでます。
  3. 電池の持ちがよい。
    カタログでは10時間とありますが、それぐらい持ちそうです。
デメリット
  1. 2.4GHz帯のWifiしか対応してない。
    5Ghzを使えないので、比べると無線LANネットワーク内の速度は遅いです。また、電子レンジを使うとよく途切れます。
  2. 充電がMicroUSB形状。
    現在の主流はUSB-typeCです。充電ケーブルの使い回しがやりにくいですね。一昔前の主流な気がします。
  3. パートナー回線かどうかわからない。
    au回線の容量は5GBまでという制約があるため、利用者としては、 今つながっているのは、au回線か楽天回線なのかが知りたいのです。
    ですが、端末だけでは判別でません。公式アプリを使って、パートナー回線使用料を確認する必要があります。

まとめ

Rakuten WiFi Pocketの使い勝手をレポートしました。
不満な点やデメリットも書きましたが、大変満足してます。有料になっても使い続けるでしょう。

皆さんも楽天エリア内であれば、1年無料期間のうちに一度試してみてはいかがでしょうか?

とつ

某SIer企業勤務。サーバーインフラ系でキャリアを伸ばしつつ、2020年からAWS運用にシフト。
老け顔から、「とっつあん」とあだ名で呼ばれ、それが「とつ」といつしか略されるようになったのがハンドルネームの由来。
「リベラルアーツ大学」をきっかけに、稼ぐ力を養いたいとBlogサイト運営を開始。Blogの成長とともにAWSのスキルアップももくろむ。
家族は妻と長男。3歳の長男がついこの前「しーしこ行くー!」と念願のオムツはずれを達成した!

とつをフォローする
IT技術スマートフォン
スポンサーリンク
とつをフォローする
とつブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました