WordPressのCocoonテーマで、Googleアドセンス設定時にWordfenceの403エラーを解消する方法

WordPress

幸いにして20記事で、Googleアドセンスの申請がとおりました。

たいして、PV数は伸びてないのですが、勉強がてらWordPressのCocooonテーマで、Googleアドセンス広告の設定を行いました。

その際に、「Wordfenceプラグイン」が403エラーを返したのです。

早速、対処方法を検索してみましたが、上位検索でヒットしたのは「Wordfenceプラグイン」を一時停止する対処方法でした。しかし、これは適切な設定ではないですよね。

本サイトでは、「Wordfenceプラグイン」のWhitelistを設定するやり方で、403エラーを解消できたので、そちらを記事にしてみようと思いました。

対象読者
  • Googleアドセンスの設定で、「Wordfenceプラグイン」が403エラーを返す。
  • プラグインの一時停止でなく根本解決をしたい。
  • 「Wordfenceプラグイン」のWhitelist機能がよくわからない。
スポンサーリンク

CocoonテーマでのGoogleアドセンスの設定方法

次のサイトを参考に、Googleアドセンスの設定を行いました。

広告設定でGoogleアドセンスのスクリプトコピペし、「変更をまとめて保存」をクリックしましたら、「Wordfenceプラグイン」が403エラーを返してきました。

ちなみに、Cocooonの広告設定を使うと、Gutenbergで [ad] で記事内広告の挿入できるのはいい機能ですね。

Wordfenceが403エラーを返す原因

httpステータスコード403 Forbiddenは、アクセス権がない趣旨のエラーコードとなります。

Googleアドセンスのスクリプトコードには、Googleサイトにアクセスするコードが埋め込まれています。これが仮に悪意のあるコードの場合に、Blogサイトの情報が、外部漏洩する可能性があるからです。

これを防ぐのが、Firewallプラグインと呼ばれているもので、「Wordfenceプラグイン」はこのFirewall機能があります。

403エラーを解消する方法

Googleアドセンスのスクリプトコードは、悪意のあるものでないと認定することで、必要な通信を許可させることができます。これをWhitelist機能と呼びます。

Whitelistは、403のエラー画面の中で設定できます。

403エラーを解消する手順
  1. 下記画像にある「A potentialy unsafe operation has been detected in your request to this site」の403エラー画面が表示されます。
  2. 「I am certain this is a false positive.」にチェックを入れます。
  3. 「Allowlist This Action」をクリックします。
  1. 再度、Cocooonの広告設定で、「変更をまとめて保存」をクリックします。

403エラーを確認する方法

「Wordfenceプラグイン」で403エラーになったトラフィックを確認できます。

403エラーを確認する手順
  1. WordPressの管理画面から「Wordfence」→「Tools」をクリックします。
  2. 「Live Traffic」画面で、「Response」が403になっている通信を確認できます。

追加したWhitelistを確認する方法

「Wordfenceプラグイン」でWhitelistを確認する方法を記します。

Whitelistを確認する手順
  1. WordPressの管理画面から「Wordfence」→「Firewall」をクリックします。
  2. 「Web Application Firewall」の「Manage WAF」をクリックします。
  1. 下側にある、「Allowlisted URLs」をクリックします。
  1. 許可された一覧が表示されます。

チェックボックスにチェックを入れて、「DISABLE」をクリックし、画面右上での「SAVE CHANGES」をクリックすれば、追加したWhitelistを無効化できます。

まとめ

以上、WordPressのCocooonテーマで、Googleアドセンス広告設定した際の403エラー対処方法についてまとめました。

「Wordfenceプラグイン」のWhitelist機能の設定方法を確認できたことが有意義だったと思います。また、「Live Traffic」ツールで通信確認することも学べました。

こうしてひとつひとつ、WordPressとそのプラグインの使い方を習得し、それをアウトプットすることで、ブログ運営の学びになればと思います。

とつ

某SIer企業勤務。サーバーインフラ系でキャリアを伸ばしつつ、2020年からAWS運用にシフト。
老け顔から、「とっつあん」とあだ名で呼ばれ、それが「とつ」といつしか略されるようになったのがハンドルネームの由来。
「リベラルアーツ大学」をきっかけに、稼ぐ力を養いたいとBlogサイト運営を開始。Blogの成長とともにAWSのスキルアップももくろむ。
家族は妻と長男。3歳の長男がついこの前「しーしこ行くー!」と念願のオムツはずれを達成した!

とつをフォローする
WordPress
スポンサーリンク
とつをフォローする
とつブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました