楽天モバイルの通話料発生を防止する方法

スマートフォン

ある日、かみさんの楽天モバイル明細を確認したら通話料がとられていたことがわかりました。

かみさんに確認すると、通常の通話アプリもつかっていたとのことでした(゚д゚)!

どうやら、楽天モバイル(スポンサーリンク) にMNPしてしまえば、デフォルト電話アプリでも無料になると勘違いしていたようです。Docomoのときは確かに、かけ放題契約さえ結んでしまえば、済んでいた話ですもんね。。。

「Rakuten Link」を使うように伝えのたのですが、ただ、自分自信の通話明細も見たら、見に覚えのない通話料がありました。

なぜ、「通話料が発生するのか?」調べていくと
「月額無料にするのは、以外に難しいな」
と感じました。

なので、今回は、楽天モバイル(スポンサーリンク) で通話料が発生しないようにする方法を記事にしてみました。基本的な話ですがまとめておこうと思います。

対象読者

楽天モバイルユーザーで、見に覚えのない通話料を請求された。

スポンサーリンク

Rakuten Linkアプリの基本

楽天モバイルで無料通話をするには、「Rakuten Link」アプリを使うことが前提となっています。

このアプリで通話をすると、音声通信よりデータ通信を使って電話をかけることができます。(Line通話も同じような仕組みですね。)

標準の電話アプリを使うと、音声通信がかかるので、30秒20円で課金されることになります。

データ通信を使いますが、データ使用量としてはカウントされない仕組みです。

Rakuten Linkアプリでも通話料が発生する番号

「Rakuten Link」アプリをつかって通話しても有料になる番号があります。以下QAに掲載されています。

可能性があるのは、災害伝言ダイヤル171や、ナビダイヤル0570などがありそうです。

通話料発生のケースを防ぐ

以上のように、「Rakuten Link」をアプリを使っていれば、ほぼ通話料がかかるケースはないはずです。

しかし、デフォルト電話アプリを使ってしまい通話してしまうケースがありましたので、その対策を記したいと思います。

対策1:デフォルト電話アプリをデスクトップから外す

移行したばかりで今までの操作方法に慣れて思わず、デフォルト電話アプリで電話してしまうことがあります。(自分も数回ありました^^;)

まずは、デフォルトの電話アプリをデスクトップ画面からはずすことをオススメします。
超基本ですが、人間の無意識というのは恐ろしいものです。。。誤って発信してしまわないようにしましょう。

対策2:「Rakuten Link サポーター」アプリを使う

課金通話としてよくあるケースとしては、次のようなことがあります。

課金通話のよくあるケース
  • デフォルト電話アプリにかかってきた電話を、そのままデフォルト電話アプリで折り返してしまう。
  • ブラウザで検索した電話番号をタップして、デフォルト電話アプリで発信してしまう。
  • アドレス帳アプリから通話発信すると、デフォルト電話アプリで発信してしまう。

これらの対策として「Rakuten Link サポーター」アプリがあります。ただし、Androidユーザー限定です。

このアプリを使うと、デフォルト電話アプリでかけようとしたときに、「Rakuten Link」に自動的に振り分けてくれるようになります。

このアプリは、通話料金が発生する「電話」アプリでの発信を検知して、自動的に発信を中止し、電話番号を「Rakuten Link」アプリに引き継ぎます。


「Rakuten Link」アプリの画面が表示されたら、改めて発信ボタンを押して通話を開始して下さい。


なお「Rakuten Link」アプリで発信できない下記の電話番号については、そのまま「電話」アプリからの発信となります。


・110  ・118  ・119
・147  ・148  ・171
・188  ・189  ・1417
・0120 で始まる電話番号
・0800 で始まる電話番号
・0180 で始まる電話番号
・0570 で始まる電話番号
・00 で始まる電話番号
・# で始まる電話番号

https://play.google.com/store/apps/details?id=app.web.rironriron.link&hl=ja&gl=US

対策3:「my 楽天モバイル」アプリで通話明細を確認する

「Rakuten Link」を使っていても、通話料発生するケースがあるので、心配になる人もいるかと思います。

心配になったら「my 楽天モバイル」アプリで、利用状況を確認しましょう。手順は次のとおりです。(Android、iPhone共通です)

利用状況確認手順
  1. 「my 楽天モバイル」を起動する。
  2. 下段のメニューから「利用状況」をタップする。
  1. 「通話」タブをタップする。
  1. 中断の「すべて表示」を「国内」に変更して「OK」をタップする。
  1. 「国内」の通話日と通話時間が確認できる。

この「国内」の通話時間が、課金対象となる通話記録になります。

また、翌月になれば、いつどの番号にかけたのか確認できます。

通話記録確認手順
  1. 「my 楽天モバイル」を起動する。
  2. 下段のメニューから「利用状況」をタップする。
  1. スクロールして、「利用明細ダウンロード」の「通話/SMS/データ利用明細」をタップする。
  1. 「ご利用明細(国内通話/SMS)」のページで、課金対象の通話記録が確認できます。

まとめ

以上、楽天モバイルで通話料発生を防止する方法をまとめました。

通話料発生を防止する方法
  • 対策1:デフォルト電話アプリをデスクトップから外す
  • 対策2:「Rakuten Link サポーター」アプリを使う
  • 対策3:「my 楽天モバイル」アプリで通話明細を確認する

目新しいことはなかったかもしれませんが参考になればと思います。

また先日、6/15よりiPhoneユーザーの「Rakuten Link」仕様変更が発表になりました。

各種サイトではデメリットが取り出されていますが、個人的にはメリットのほうが大きいように感じました。

  • 着信がデフォルト電話アプリになることで、通話品質があがる
  • 電話連携アプリが対応できる(たとえば、AppleWatchで着信が受けられる)

通話品質がなぜ上がるのかは、この動画を参考にしてください。

6/15の仕様変更後も検証も行えればと思います。

とつ

某SIer企業勤務。サーバーインフラ系でキャリアを伸ばしつつ、2020年からAWS運用にシフト。
老け顔から、「とっつあん」とあだ名で呼ばれ、それが「とつ」といつしか略されるようになったのがハンドルネームの由来。
「リベラルアーツ大学」をきっかけに、稼ぐ力を養いたいとBlogサイト運営を開始。Blogの成長とともにAWSのスキルアップももくろむ。
家族は妻と長男。3歳の長男がついこの前「しーしこ行くー!」と念願のオムツはずれを達成した!

とつをフォローする
スマートフォン
スポンサーリンク
とつをフォローする
とつブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました